函館の写真集 電子書籍

 

透過光で観る電子書籍ならではの階調、色彩。
「絵になる町」函館の写真集です。

 

■函館二眼レフ散歩 コンテン堂版 雑誌オンライン+BOOKS版

 

幕末、全国に先駆けて海外に門戸を開いた函館。今もその町なか、とくに西部地区と呼ばれるエリアには、開港以来、日本の近代化、西欧化のトップランナーとして、激動の歴史を駆け抜けた痕跡が、現代人の暮らしと共存するかのように残っている。
本書は、2008年12月から2010年8月にかけて、主にその函館西部地区で、全点二眼レフにより撮影した写真集。フィルム撮影による300点を収録した総316ページの写真集を、電子書籍ならではの価格で提供。

 

■また一つの函館夜景・冬編 コンテン堂版

 

夜景の美しい町として知られる函館。そのビューポイントとして函館山頂の展望台が有名ですが、本書では、町歩きをしながら目に映る、また違った函館の夜を切り取りました。
冬に夜ごと打ち上げられる花火や、手づくりのキャンドルナイト、あるいは雪明かりが照らす普通の街角など、 山上から眺めるマクロの視点ではなく、間近に感じるミクロの視点で、函館の夜にいざないます。

 

 

■まちの明かり、心に明かり 雑誌オンライン+BOOKS版

 

東日本大震災の後、電力事情が深刻になり、夜の町は全体的に光の量が落ちている。
それでも灯される必要な明かり、最小限の明かり。ささやかだけれど、見れば心に明かりが灯る。それどころか、ライトアップ華やかなりしころは、それにかすんで無視されそうだった小さな明かりが、贅沢なものに見えだした。
小さな明かりで昼間の景色がごろっと変わる。見たくないものは照らさない、とばかりに抑制の効いたそれぞれは、昼間のうさのつまった町を、別世界へと塗り替える。

 

■函館元町・フォトグラファーズヘイブン1 旧イギリス領事館

 

 コンテン堂版 雑誌オンライン+BOOKS版 紀伊國屋書店Kinoppy版

 

函館山ロープウェイ山麓駅のすぐ上の広大な一画。冬場を除いて誰もが自由に出入りでき、遠足の子どもたちや家族連れも見かける。だがここは公園ではなく、きわめて実用的な施設である。
函館市企業局元町配水場は1889(明治22)年、日本で2番目の近代水道施設として開設され、今も函館の西部地域に美味しい水を送り続ける。場内から函館の旧市街が一望でき、函館山の山頂から見るのとはまた違った町の眺めが楽しめる。

 

■函館元町・フォトグラファーズヘイブン2 元町配水場

 

 コンテン堂版 雑誌オンライン+BOOKS版 紀伊國屋書店Kinoppy版

 

幕末、全国に先駆けて海外に門戸を開いた函館。今もその町なか、とくに西部地区と呼ばれるエリアには、開港以来、日本の近代化、西欧化のトップランナーとして、激動の歴史を駆け抜けた痕跡が、現代人の暮らしと共存するかのように残っている。
本書は、2008年12月から2010年8月にかけて、主にその函館西部地区で、全点二眼レフにより撮影した写真集。フィルム撮影による300点を収録した総316ページの写真集を、電子書籍ならではの価格で提供。

 

■函館元町・フォトグラファーズヘイブン3 元町公園

 

 コンテン堂版 雑誌オンライン+BOOKS版 紀伊國屋書店Kinoppy版

 

旧函館区公会堂のハイカラ建築を借景に、旧北海道庁函館支庁、旧開拓史函館支庁書籍庫がひっそりたたずむ元町公園。ここはかつて北の大都会・函館の中枢だった。
そもそもこの公園のある場所は、古く室町時代に豪族・河野政通の館が置かれ、その館の形が箱形だったことにより函館の名の元となった「箱館」の名が誕生したと言われている。
函館が生まれた場所・元町公園。その四季折々の表情を写真で綴る。

 

アジア世界遺産の写真集 電子書籍

 

E-ink採用の電子書籍専用端末は、モノクロ写真に最適だった、
という発見から生まれた実験的写真集。
印画紙に迫る階調をお楽しみください。

すべてKindle版固定レイアウトです

 

■シリーズ1 アンコール・ワット
■シリーズ2 アンコール・トム
■シリーズ3 ワット/トム以外のアンコール遺跡
■シリーズ4 ボロブドゥール
■シリーズ5 スコータイ
■シリーズ6 アユタヤ